前へ
次へ

葬祭で必要になる費用とは

社会の中で生きていくには何かにつけてお金が必要になりますが、葬祭のときにも費用が発生してきます。葬祭は家族や友人が亡くなったときにおこなわれる葬儀と法要や法事などの祭祀を合わせた言葉ですから、葬儀と法事の両方を意味しています。葬儀はお通夜の翌日におこなわれるケースが多いですが、故人とのお別れをするために重要な役割を担っています。一昔前と異なり、葬儀のスタイルもいろいろと誕生してきており、一般葬の他に家族葬や自由葬などから家族が自由に選ぶことが可能です。葬儀の規模によって家族が負担する費用にも大きな違いが発生しますから、できるだけ負担を軽減したい場合は家族葬などの規模が小さめの葬儀を選択するのが重要になります。法事は故人の冥福をお祈りするためにおこなわれますが、一周忌や三回忌といって月日の流れで呼び名に違いがあるのが特徴的です。法要をするときには僧侶を呼んで、読経をして貰う必要がありますから。その都度費用を家族が負担する必要もあります。

Page Top