前へ
次へ

斎場を借りて執り行う場合

昔は葬儀も自宅で執り行うということが一般的でした。しかし最近では斎場を借りるということが増加をしています。斎場であれば、準備もすべて業者に任せることができますし、パーソナルスペースを一般の参列者に見られることもありません。今は宿泊をすることができるようになっている斎場もあるので、お別れの時間もたっぷりと得ることができるようになっています。近親者のみが宿泊をするということが多いので、最低限のスペースしかありませんが、それでも十分と言えるでしょう。中には斎場を借りても通夜が終われば一旦自宅に戻るという家庭もありますが、宿泊できるところのほうが需要は高いです。専用のスペースがあれば、同じ斎場を借りている他の親族とも顔を合わすこともないので、ゆっくりとすることができます。色々な斎場があるので、必要としている規模に応じた場所を借りると良いでしょう。広さによってレンタルにかかってくる費用も異なってきます。

Page Top